うららいふ

日々の出来事で興味を持ったことや今まで体験したことを中心に綴って行きたいと思います。

人の時間を奪うとは

f:id:uralife7:20200505222740j:plain

 スポンサーリンク

 

 

 

  目次

 

 

山里さんのラジオでの話

 

南海キャンディーズ山里亮太さんがラジオで

テレビを全録する機械が故障してカスタマーセンターに電話したそうです。

それで色々と至上受けて操作するも、一向に直らずおかしいなと思って

パッとみたらコンセントが入っていなかったらしい。

 

それで電話を切ったあと奥さんの蒼井優さんから冷静にこう言われたそうです。

「人の時間を奪ったって意識ある?」

「人の大切な時間を奪ったっていう意識があるかだけ聞かせて」

と言われて山里さんは「あります。」と答え

蒼井優さんは「じゃあまだいいけど」という返事のやり取りがあったそうです。

 

 

自分の体験談

 

人の時間を奪うってよくありませんか?

山里の件とはちょっと立場が違うのですが

仕事をしている時はこれがよくあったなと思い出しました。

 

本部に配属されていたので支店等にシステムが変更になった際などは

社員全員にメールでやり方のマニュアルを添付しメールの本文には簡単な手順も載せて送信しているにも関わらず全く読まずに聞いて来る人がいました。

 

分からない所を確認してくれる分には良いですが、全く確認せずに聞いて来られると一から十まで全て説明しなければならないので、もの凄く時間が掛かかってしまい残業になることもありました。

それもお客様ではなく社員なので、少しは自分で覚える努力をして欲しいと思いましたね。

 

 

人の時間を奪うとは

 

仕事をしている時は、気が付かなかったけれど

でも、よく考えると仕事でも普通の生活でも人に時間を奪われることは多いですよね。

生きていくって自分も人の時間を奪っていることもあるし奪われることもあるしお互い様みたいなところはありますね。

 

「人の時間を奪う」

それは仕方がないことなのかも知れない気がしてきました。

それを繰り返して生きてきたのかも知れませんね。

 

蒼井優さんはなるべく人に迷惑かけないようにという意味で山里さんに言ったのでしょうけど・・・

そういうところに気が付く蒼井優さんは凄いですね。

気配りが出来る人なのでしょうね。

 

「人の時間を奪う」とういう言葉に色々考えさせられました。

 

 本日も

最後まで、ご覧頂き有難うございました。

 

 

 スポンサーリンク

     

  

スポンサーリンク 

 

 

 

ランキングに参加しています。

 ↓応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


お気楽日記ランキング