うららいふ

日々の出来事で興味を持ったことや今まで体験したことを中心に綴って行きたいと思います。

書籍「あやうく一生懸命生きるところだった」感想

 

f:id:uralife7:20200623021306j:plain

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

 面白いタイトルだなと思い久しぶりに本を読んで興味深かったので、ご紹介したいと思います。

 

韓国でベストセラーになった書籍のあらすじと感想です。

 

   目次

 

 

 

「あやうく一生懸命生きるところだった」

 

著者

 ハ・ワン

 

訳者 

 岡崎 暢子(おかざき のぶこ)

 

 

あらすじ

 

今まで一生懸命やってきた著者が40歳目前で必死に生きないと決めて会社を辞めたところから始まる人生エッセイです。

 

著者は今までの人生について考えます。

子供の頃から気の休まることがなかった。

 

やりたい仕事が見つからず先輩から紹介された会社へ就職しますが

仕事をしているうちに自分が 頑張ることの意味とか、努力した成果について考えるようになります。

 

他にも人それぞれの価値観に振り回されたりして、自分らしく生きたいと思い自由な時間が欲しいと思ってきます。

自分の人生について一生懸命に生きることより大切なことを考えてこれから何をすべきかについて書かれています。

 

 

 

感想

 

私が共感したのは

努力は、必ず報われるわけじゃない

本書より引用

ということですね。

 

確かに、努力したら全てが報われるわけではありません。

報われない事の方が多いかもしれません。

 

努力せずに、運が良いだけで評価される場合もありますしね。

 

でも・・・それでも努力したことは次の何かに繋がるかもしれないし、努力した経験は無駄では無いと思うんですよね。

 

 

 

それから

時間は、何かをしてこそ意味があるわけではない。

時には、何もしない時間にこそ大きな意味がある。

本書より引用

 

というところも分かりますね。

何もしない時間は必要だと思うんですよね。

仕事は特にそうですけど、時間に追われる事が多いので落ち着いてい何かを考える時間もありませんし何も考えたくない時もありますしね。

 

著者は、他人と比較されたり他人の価値観を押し付けられたりしてずっと頑張ってこられたように思います。

 

今までの事が積み重なって40歳目前にして会社を辞めるとういうことに繋がったのかなと思いました。

 

何処かで息抜きというか、ストレス発散出来る何かがあったら良かったのかなとも思いますが、自分で決めた今の生活が幸せなら良いと思います。

 

きっと一生懸命やってきたからこそ

あやうく一生懸命生きるところだったと言えるのかも知れませんね。

 

全て我慢の限界だったのでしょう。

 

誰の人生でもない自分の人生なのですから

何より、自分を大切に出来るのは自分自身なのだと思います。

 

この本を読んでみて

自分自身を大切にして生きていくということが、大事ではないかと感じました。

 

 本の帯に

「毎日、走り続け疲れ切ったあなたへ。」と書いてありました。

走り続けてちょっと立ち止まりたいときに読みたい本かもしれません。

 

 

 スポンサーリンク


 

 

 本日も

最後まで、ご覧頂き有難うございました。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

ランキングに参加しています。

 ↓応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


お気楽日記ランキング