うららいふ

日々の出来事で興味を持ったことや今まで体験したことを中心に綴って行きたいと思います。

過ちは好む所にあり

f:id:uralife7:20191014112050j:plain


 

 スポンサーリンク

 

 
 
 
 

あまり使う事が無くなったことわざですが

  この時代にもう一度、意味を知り

  自分なりに思うことを気ままに書いてみました。

 

今日のことわざ

 
過ちは好む所にあり
あやまちはこのむところにあり

 

意味

不得意なことや経験の浅いことにはよく注意してやるので失敗は少ないが、得意なことや好きなことになると、とかく油断があるので失敗が起こりやすいという戒め。

 引用元 ことわざ辞典

 

ことわざについて思うこと

 

仕事も慣れて来ると思わぬ失敗をすることがあります。

長年やってて一度も間違ったことが無いことは

過信するというか油断しやすいですね。

 

でも、人間は間違うこともあります。

 

勿論、間違いの無いように気を付けて

何事もやれれば良いのでしょうけど

 

 100%完璧にというのは難しいですね。

 

気持ちを引き締めて油断しないようにしたいですね。

 

 新しいシステムが導入されたり

フローが変更になったりすると

間違え無いように慎重になりますよね。

 

慎重になるから間違うリスクが減ります。

見慣れた書類は見るポイントが分かっているので

 

速く処理出来ますが知らず知らず慎重さに欠けて

見てるつもりが見ていない。

何か見落としがちになっているのかもしれませんね。

 

誤りはだれにでもあるのでしょうがないと

思いますが

 

間違いを指摘されたら

素直に修正して欲しいですよね。

 

私は、営業所から来た書類をチェックする部署にいました。

なので指摘せざるを得ないのです。

 

本人に修正するよう連絡して再提出して貰うのですが

大体の人は素直に修正してくれるですが

 

言い訳する人や書類について文句をいう人がいます。

大抵、そういう人は何の書類でも間違いが多いのです。

 

きっと、私以外からも間違いが多くて指摘されて

再提出が多くなっているのだと思います。

 

なので、忙しかったとか書類が分かりづらいとか・・・

言い訳が多いんですよね。

 

そんな風に思っているから改めようとしないので

何度も間違うのでしょうね。

 

長々、しょうも無い言い訳言うぐらいなら

さっさと訂正する方が良いはずで

ホントに時間の無駄ですね。

 

そういう人には

先にお忙しい所お手数ですがとか言って

なるべく言い訳させないようにして提出して貰っていました。

 

こちらも仕事ですから、そういう人に時間を掛けたくないので

円滑に仕事を進める為に、定型文のように言ってましたね。

自分の間違いは素直に認めてほしいです。

 

慣れていることこそ慎重にすることは大事ですね。

自分も更に、気を付けようと思いました。

 

 以前のことわざ記事です。

www.uralife7.com

www.uralife7.com

www.uralife7.com

 

 本日も

最後まで、ご覧頂き有難うございました。

 

 スポンサーリンク

     

  

スポンサーリンク 

 

 

ランキングに参加しています。

 ↓応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


お気楽日記ランキング