うららいふ

日々の出来事で興味を持ったことや今まで体験したことを中心に綴って行きたいと思います。

転職における年下の先輩・年上の後輩の対処法

f:id:uralife7:20190922223701j:plain

  

スポンサーリンク 

 

 

 

最初に

 

転職したときの上下関係は気を遣いますよね。

特に年下の先輩の対応って悩みます。

私は、最初の職場にいたとき年上の後輩がいましたし

転職先では、年下の後輩がいましたので経験も合わせてお伝えしたいと思います。

 

転職先の年下の先輩への対処法

 

私は、最初の職場で年上の新人が入社してくることが

ありましたので気持ちが分かります。

 

最初からタメ口聞く人はやはり嫌でしたので

私が、転職して年下の先輩がいた時には

敬語で話していました。

 

その職場では、年下でもその人の方が

その仕事に置いて、知識も経験も多いので

 

年齢関係なく、その職場での先輩には

敬語で話すべきだと思います。

 

仲良くなった人は、会社以外ではタメ口で話すことも

ありましたが、基本的に会社で仕事の話は敬語で会話していました。

 

多分、私が最初に敬語で話していなかった

仲良くなっていなかったと思います。

 

年上の後輩が入社してきた時の対処法

 

中途入社で、年上の人が入社してくることがありますよね。

年上の後輩も難しいんですよね。

 

大体は、敬語で話してくれますが

中には、最初からタメ口で話してくるひとがいます。

 

やはり、良い気持ちはしませんが

こちらとしては、敬語で話します。

 

会社ですし、友達ではないので

そして、そういう人とは仲良くならないような

気がします。

 

なるべく、一線を引いて敬語で徹します。

そうしないと、仕事を教える立場としては

間違いとかも指摘しないといけないので

敬語の方がきちんと聞いてくれますね。

 

最後に

 

そもそも、初対面であれば相手が年上・年下に関わらず

敬語ですよね。

 

例え相手が、自分より年下と分かっても

同じように、タメ口で話すとタメ口のままで

なあなあになってしまい仕事に悪影響が出てしまいます。

仕事を円滑に進めて行くようにしていかないといけません。

 

仲良くなったら、タメ口で話すこともありますが

仕事ではなるべく敬語で話していました。

 

TPOをわきまえるって大事ですよね。

 

以上のことを、転職の際に参考にして頂ければと思います。

 

www.uralife7.com

 

 

本日も

最後まで、ご覧頂き有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

                     

 

スポンサーリンク 

 

 

 

ランキングに参加しています。

ポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ
にほんブログ村


お気楽日記ランキング